直垂同好会

●同会の趣旨
この会の趣旨はmy直垂をお持ちの方が集い、直垂の輪を広げようとする会です。あくまで直垂好きの方の集まりです。それ以外の目的はございません。直垂と一言で申しますが、時代や個人の好みによって様々です。色んな方の参加をお待ちいたします。
●直垂とは?
日本古来の装束は数多ありますが、そのほとんどは外来文化(中国・韓国や欧米など)に起源を発しています。それに比べ、直垂は庶民服から発展したもので、そういった意味では純粋な民族衣装と呼べると思います。
最初は庶民の平服でしたが、鎌倉時代に入りますと幕府などへ出仕する際の公式衣装となりました。また戦争時には鎧直垂と呼ばれる直垂を着用し、多くの日本人に愛用されました。その後は公家も用いるようになり、種類も素襖や大紋など多種多彩になりました。
●参加資格
my直垂をお持ちの方に限ります。範囲は直垂・鎧直垂・素襖・大紋までとします。時代や生地・意匠にはこだわりません。会費等は一切要りません。
●応募のきまり
①武将名と一般HN(必須。HNを伏せるか否かはご本人の希望にお任せいたします) 
②写真・・・着用姿(顔をぼかすことを望まれる方はこちらで処理します。希望者のみ)/直垂のみの写真(着用姿が駄目な方はお願いします)
もし一海宅へお越しいただけましたら、こちらで撮影いたします。
応募されました写真の大きさですが、加工されずに一海までお送りください。
●特典
大したものはなく、申し訳ないのですが、以下のような特典を考えています。
①当オフ会もしくは一海宅までお越しの方に特製会員証を差し上げます。
②ミニ着付け勉強会の開催・・・私との時間を合わせていただけましたら、いつでも着用法をお教えいたします。
今後出来得る限り増やしていく予定ですので、よろしくお願いいたします。
■直垂着用法
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: do01.2.jpg
■源参国①■源参国②
■源参国③■源参国④
■源参国➄■源参国⑥
■源参国⑦
■横内鞠雄殿■平知盛殿
■正臣殿■水守富楠殿
■山村政之丞殿■矢舞殿
■悪七兵衛羅生殿■庵雅風殿
■念生殿①■念生殿②
■念生殿③■三河丸殿
■川崎平朝臣重氏殿①■川崎平朝臣重氏殿②
■菊池肥後守殿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください