すんぷ夢ひろば:開設一周年記念



【2007年11月18日】
①リハーサル!

剣舞リハーサル
事のはじまりはお世話になっています静岡の秀月さんのご紹介でした。静岡にありますすんぷ夢ひろばさん一周年記念のイベントとして甲援隊に依頼が参りました。
ホテルからの依頼は今回で二回目。前回は関東府のメンバーが中心でしたが、今回は関西勢が中心となり活動です。

前日の夜に集合し、リハーサル。
知盛殿、山城殿、庵殿はお昼まで剣舞体験会に参加され、その足で駿府入りされました。
そしてリハーサル終了後、お楽しみの温泉に入り、その後は台詞合わせに入りました。そこでどこから始まったのかわからないのですが、ロマ○スという言葉が飛び交うことに??
②晴天の中で

通しリハーサル
さていよいよ本番です。お客さんが入る前に一通りのリハーサル開始です。
また本陣も素早く設置し、着替えをいたしました。さすがに甲援隊の中でも選りすぐりなメンバーばかりですので、とても楽をさせていただきました♪
③集合写真
④いざ出陣!!

いよいよ出陣です。お天気と気温は最高だったのですが、とにもかくにも風が強い^^;;
旗の紐は取れるわ、背旗の竿は外れるわ、私の兜などはヨットのように風を受け、押し戻されるわ、と大変でした^^;;
しかしすんぷ夢ひろばの建物はとても雰囲気があり、意気は高まります。
⑤演武式

運は天にあり。鎧は胸にあり。手柄は足にあり。
何時も敵を掌にして合戦すべし。疵つくことなし。
死なんと戦へば生き、生きんと戦へば必ず死するものなり。
家を出ずるより帰らじと思えばまた帰る。帰ると思えば、ぜひ帰らぬものなり。
不定とのみ思うに違わずといえば、武士たる道は不定と思うべからず。
必ず一定に思うべし・・・!


え・・・? 何で駿府なのに謙信公の遺訓を言うのかって?
それはただ言いたかっただけです(爆)
もし練習時間がもっとありましたら今川義元を主人公にした寸劇をやりたかったですが、剣舞を交えた演武式を催しました。今回も琵琶奏者の高峯香風さんの琵琶と、正臣殿の太鼓、朋月殿と充正殿の法螺貝に合わせて知盛殿、山城殿、庵殿の三名が剣舞を舞いました。
つまり太秦戦国祭りをより精度を高めて臨んでみました^^結果は戦国祭りの時よりも格段に良くなっており、多いに武威を高めて参りました^^
⑥公開甲冑体験会

甲冑体験会


さて無事演武式を終え、その後は初挑戦の公開甲冑体験会です。
大人の部は私と知盛殿、子供は甲援隊相思相愛の朋月殿・白月殿コンビで催しました^^
甲冑体験の後は鬼怒川で催しましたチャンバラ体験、終了後は兜体験を催しました。
どのお客様もこちらの呼びかけに反応していただき、本当に楽しい一日を過ごすことが出来ました。また来年も創設祭をされる時は是非声をかけていただきたいです。
このたびはすんぷ夢ひろばの皆様には大変感謝いたしております。またご紹介いただきました秀月さん、そして下見など見事斥候役を果たしてくれました玄蕃頭殿、剣舞を見事指導し演じてくれました知盛殿、そして素晴らしい演奏をしていただきました香風さん・・・多くの方に支えていただき、本当にありがたいことだと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください