一海語録特別版【サイト開設二十周年を迎えて】

今から20年前の9月24日。当サイトは産声をあげました。

当時の私は就職もかなわず、目指していた道をあきらめ、そして新たに見出した文章の仕事も行き詰まっていました。

今はカタヤマサイクルの店長として働いておりますが、この頃は自転車店を継ぐなど思いもよらず、手伝いとも言えるレベルではなかったのですが、店に出ていました。そうした時に店舗用のPCにホームページビルダーがあることを知って、ホームページを作ろうと思い立ちました。PCやネットのことを知らず、これからの世の中で必要になると思い、知識や様々な方たちと出会うことを目的にサイトを立ち上げました。

この頃はすでに甲冑や装束を持っていましたが、それはあくまでただ持っていただけ。。活動も装束店さんのイベントに出るだけでした。そこで甲冑の着方や入手方法などわからないことだらけでしたので、ネットの繋がりをもって勉強しようと様々なコンテルツを作っていきました。

サイト立ち上げの二か月間は試行錯誤しながら運営していただけでしたが、年の暮れに甲冑を着てオフ会をしようというメールが届きました。そして年明けになり、大阪城においてはじめてのオフ会を催しました。それから色んな方と出会い、そして様々なことを教えていただきながら交流を深めていき、そして甲援隊を結成し、甲冑を作り、そしてそうした経験から『大坂誕生』を書き上げ、幸運にも歴史作家としてデビューしました。

何もない状況だからこそ何かをすることを学ばせていただき、ついに二十年目を迎えることができました。

色々と経験し、知り、そしてノウハウを身につけましたが、やればやるほど一人では何もできない。多くの方の助けの大切さを知ったことが、最大の成長であり、これからも出来る限り当サイトを通じて勉強していきたいと思います。

二十年前に想像だにしなかったコロナ禍で活動がままならない日々ですが、きっと必ずまた皆さんとお会いし、いろんなことを学べる日が来ると信じて、マイペースで頑張っていきたいと思います。

これからも『一海の時代劇なりきり教室』と一海をよろしくお願いします。

令和三年九月二十四日 開設二十周年

運営者 一海

■記念画像 ※鋭意製作中(甲冑も)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください