石田三成生誕450年祭

石田三成生誕450年祭

2010年11月7日
【画像提供】楠木正勝殿/富楠殿
①今回は手作りに陣羽織


手作り甲冑に陣羽織

昨日は石田町で開催されました石田三成生誕450年祭に参加して参りました。
今回は運搬を楽にするために手作り甲冑での参加です。初めて陣羽織バージョンにしてみましたが、予想以上にピッタリでした。
朝長浜駅に集合し、富楠さんの車で現地へ。
現地に着くと鍋之介さんを初め武者の方たちとご挨拶しました。
しかしつくづく思ったのは武者仲間を識別しているのは「甲冑」「装束」「陣羽織」、そして「髭」だということです^^
最初鍋之介さんに挨拶していただいたのですが、髭がなく忠勝甲冑でもなかったため「?」状態でした^^;
声を聞き、話をしてすぐに鍋之介さんとわかったのですが…髭と甲冑は大事ですね^^
②石田三成公縁の地を






着替えが済み、いよいよ出発。
人数も二十名ほどで迫力のある武者行列になりました。
お天気は良く、気温も良く、そして距離もほどよく、甲冑も軽くと心地の良い行列でした^^
そして行列をしていて楽しかったのは本当に石田三成の史跡が多くあったことです。三成ファンにはたまらない町だろうな、と感じました。
③なりきりコンテスト

行列終了後はなりきりコンテストがあり、念生さんや矢舞さん、そして主馬さんたちが参戦しました。
コンテストの優勝ですが、名優の息子さんを擁した忠さんでした^^あの共演の前にはやっぱり適わなかったです^^;
その後着替え時間のこともあり、着替えをし、そしてブース会場へ急行。
武尊さんのお店を覗いたり、皆さんとお話したり、そして太鼓演奏などを聞いたりなどのんびりといたしました。
とこんな感じで一日が終わりました。
今回手配をしていただきました朋月さん、そして石田町の皆様に篤く御礼申し上げますm_m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください